冷え性カインズ
ホーム > 健康 > 数十年後の自分の毛髪は

数十年後の自分の毛髪は

自分は今、30代前半なのですが、果たして数十年後には薄毛になっているのか、それともまだフサフサなのか。正直、抜け毛が気になり始めているので、将来が心配になってきています。ただ、抜け毛は自然に生え変わるために起こる現象で、余程でない限り心配してくていい、という話もよく聞きます。

たまに鏡で生え際を見たりしているのですが、特に後退しているわけでもないし、頭頂部が薄くなってきているわけでもありません。それに、薄毛は遺伝するとよく言われているのですが、うちの父親は黒々フサフサしているので、その観点から言っても将来は安泰そうです。また、都市伝説っぽいのですが、『帽子をかぶるとハゲる』というのをどこかで聞いたことがあります。

蒸れるから、というのがその理由なのですが、もしこれが本当なら、仕事中かぶっている私は結構危険な状態にあるのかもしれません。しかし、もしその都市伝説が本当なら、帽子をかぶっている人はみんなハゲと隣り合わせということにもなりかねません。なんにせよ、もしハゲてしまったらハゲてしまったで仕方がないことなので、その時はおとなしく育毛・発毛を必死で試すしかないのでしょうね。

M字ハゲの発毛回復の手引きと育毛剤のお奨め